KURABERU-ASP
モコモコTOP >  ライフプラン > 【Family】家族 >  引越しや施設より良い?気になるリフォーム

引越しや施設より良い?気になるリフォーム

リフォームも、まるで美容整形のように、部分的なリフォームから建て直したかのようなリフォームまで様々。どこをどの程度リフォームしたいかによって、金額も変わってくるため、金額に幅があります。あえて中古を買ってリフォームをし、カスタマイズな住空間を作る方も。

今の状況に合わせたリフォームをしよう!

購入した当初の状況とは異なり、複数の家族が住む必要や、介護用にバリアフリーな環境が必要になったなど、家も年数と共に需要が変わってきます。こんな家のはずじゃなかったという場合も、未来は予測できないのですから、仕方のないこと。賃貸では難しいけれど、購入した物件ならある程度リフォームが可能なのも魅力ですよね。さて、どんなリフォームがあるのでしょう。

【部分的リフォーム】

◆キッチン(10~400万円)
コンロやオーブンの一部入替などは10万円~30万円が相場。システムキッチン全体へのリフォームなら50万~100万円、アイランドにするなら150万円以上は考えておきましょう。火・水・電気など総合的に使うキッチンは、複雑なためお値段も高め。
2気になるリフォーム

◆トイレ(5~80万円)
ウォシュレットや暖房温水洗浄便座を備え付けるだけなら、5万~10万円以下が相場。高機能なら10万~30万円はかかりそう。コンセントを引くならプラス2~4万円、和式から洋式にするならプラス30万円程度。手洗いカウンターや壁などの内装工事をする場合は、プラス20万円~50万円は見ておきたい所。工事費用と便座費用は別なので、ウォシュレット系をお考えの方は注意。

◆風呂・浴室(30~150万円)
シャワーヘッドだけなら、1~3万円以内でできてしまうような浴室ですが、給湯器と浴槽の交換だと10~30万円単位になってきます。浴室はオーダーメイドの在来法、規格品のユニットバスの2種類。どちらでリフォームするのかと、既存の設計で値段が変わる仕組み。浴室乾燥機やサウナを付けるならプラス15万円など、オプションでも変化。まるごと入れ換える場合は、ユニットでも工事費込みで、90万円からの予算がある方が安心。

◆洗面所(10万~70万円 )
洗面台の交換が一番多い洗面所。撤去費などの入替えを考えて、8~15万円程度が目安。内装も含めるなら、20万~25万円は見ておいて良さそうです。使い勝手のいいオープン棚の設置や、おしゃれなデザイン系の洗面所なら、工事費込みで40~50万円の予算。
3気になるリフォーム

◆玄関(10万~80万円)
ドアのランクで値段も変わってきます。寸胴な廊下に加えたいなら10万円程度でもできますが、防犯を考える必要のある玄関の交換なら、20万円は最低額。既存の玄関に網戸を付けるなど、簡単な施工なら8万程度から。下駄箱などの収納設置は、10~20万円プラスと考えてよさそうです。
4気になるリフォーム

◆階段(10万~130万円)
手すり工事だけで、10万円はかかる相場。安全対策メインの階段リフォームで、20万~50万円。介護用に階段用昇降機を取り付ける場合は、100万円くらいを予算に。メンテナンスもあるエレベーターよりは、お得かもしれません。ホームへ入るより安く済むので、最近密かに人気を集めています。
5気になるリフォーム

6気になるリフォーム◆庭・ガーデニング・カーポート(5万~150万円)
芝生の設置は、1㎡あたり5,000円前後。20㎡で10~15万円程度が平均。お分かりの通り、材料費と広さに左右されます。ウッドデッキも、10㎡で50万~60万円は相場金額。きちんとした砂利や塀など花壇のある庭は、100万円以上。カーポート(駐車場)は広さにもよりますが、15万円/1台が目安です。

【部屋の仕切りリフォーム】

子供の成長や自立に伴い、住む家族の人数や部屋の用途も変わってきます。部屋の仕切りを変えられたら便利、という時は仕切りのリフォーム。

7気になるリフォーム1部屋を2部屋にして兄弟に個室を与える
増築せずに簡単に仕切りの壁やドアを増やし、電気工事や塗装工事、建具工事などを行わず、施工費用のみで50~60万円前後が目安。

子ども部屋や和室、リビングなどの間の仕切りを取り払い、広いリビングにする
この場合は、壁やドアの解体撤去作業から床や内壁の内装工事・サッシ工事・左官工事・塗装工事などを行なうため、施工費用は350~450万円は考えておきましょう。

【二世帯住宅へのリフォーム】

親と息子夫婦との、同居が必要になることもありますよね。二世帯住宅をする場合、どれくらいスペースを共有するかでリフォームも変わってきます。大きく分けて3種類の共有の方法がありますが、あなたはどのタイプ?金額は、部分的リフォームや、スケルトンリフォームを参考にして下さいね!

完全同居型
玄関やキッチンなど全て共有で、そのままの住宅に二世帯が同居するタイプ。

完全分離型
部屋はもちろん玄関から完全に別々にするタイプ。スケルトンリフォームや増築が必要となることが多く、その場合は数百~数千万円の費用が必要となってきます。

一部共有型
リビングなどの特定のスペースのみ共有し、主な生活スペースを分離するタイプで、共有部分となるキッチンやトイレ、風呂場の増築や回収リフォームを行ないます。

【バリアフリーへのリフォーム】

8気になるリフォーム年を取ってきて、家の古い作りが障害になったり、二世帯住宅にするついでにバリアフリーを考えたりする方は、大勢いらっしゃいます。バリアフリーのリフォームの場合、介護保険制度の在宅サービスの中に「住宅改修費の支給」というものがあるので、利用しましょう。

「住宅改修費の支給」は、要支援・要介護の認定を受けた人(家族)が住宅整備のためにリフォームする場合、条件の範囲で原則1人最大20万円を住宅改修費として市町村に申請すると18万円までが支給されるというものです(利用者が20万円の1割負担の計算)。

≪対象となる工事は下記の通り≫(費用については上記の部分的リフォーム参照)

手すりの取り付け・・・廊下やトイレ、浴室、玄関、玄関から道路までの通路などに、転倒防止や移動補助のために手すりを設置。

段差の解消・・・居室、廊下、トイレ、浴室、玄関等の各室間の段差および玄関から道路までの通路等の段差を解消するために、敷居を低くしたりスロープを設置。

滑り防止の床または通路面の変更・・・居室を畳敷きから板張りやビニール系床材等に変更したり、浴室の床を滑りにくいものに変更する等。

扉の取替え・・・開き戸を引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテン等に取替え。(ドアノブ変更や戸車の設置も含む)

便器の取替え・・・和式便器を洋式便器に取替え。
など

【中古マンションのリフォーム】

中古マンションを自由にカスタマイズする、若い家族が増えています。大がかりな全面リフォームなら、650万円から1,000万円が最低料金9気になるリフォームこだわりによっても異なるようです。部分的なリフォームなのか、全体的なら間取りを変えるのか、水回りをどうするのかでも違ってきます。

リフォームと引越し、一軒家を立て直すのとどちらが安くていいの?と悩まれている方、家の状態やリフォームの内容で、金額は幅広く変わってきます。購入物件でも、マンションによってはリフォームで条件があるので、希望のリフォームができるか注意。気になる方はお近くのリフォーム会社に尋ねたり、物件を探してみたりして、比べてみましょう。

【スケルトンリフォーム】

家の外壁や骨組みだけを残して、まるごと全面リフォームするのがスケルトンリフォーム。よくテレビ番組でも見かけますよね。

10気になるリフォーム耐震補強など、家の状態でも変わってきます。定額制+オプション料で設定している業者も最近は多く、65㎡の規模なら650万~1,000万円から考えられそうです。

新しく建て直す代わりに、スケルトンリフォームで全面的なバリアフリーや、デザイナーの巧みなデザイン性を取り入れる方も。その場合は、2,000万~3,000万円は必要になってきます。

修理費だけじゃない!リフォームの費用

契約時に、契約書に貼る印紙代「契約印紙税」が必要になります。これはリフォームの代金によって異なってきますが、ローンを借りる際もその契約書に貼る印紙代が必要になってきます。500万円を超えると1万円~2万円かかってきますが、500万円以下なら200円~2,000円程度です。

リフォームは、見積もりは無料でも、経費には消費税がかかります。例えば、100万円のリフォームでも108万円になるなど、金額が大きくなるにつれて消費税額も高くなっていくもの。税込価格なのか税抜き価格なのか、確認を忘れないように注意!

耐震補強の必要な一戸建てリフォームの場合、15万円~20万円程度の耐震診断費用がかかるケースも。

登記費用やそのための司法書士報酬なども必要になってきます。増改築で家の床面積が変わったなどしたら、変更登記をしないといけないのです。

リフォームローンを利用する場合は、工事会社選びと前後してリフォームローン選びも行っておきましょう!自治体の中には、省エネ効果のあるリフォームや、耐震診断費用や一定の耐震改修費用には、助成金や融資制度を設けているところもあります。条件がそれぞれあるので、住まいのある市区町村に一度確認してみましょう。

スケルトンリフォームのように全面リフォームを行う場合は、リフォーム期間中の仮住まいが必要になってきます。仮住まいの賃料や引越し代も念頭に入れておきましょう。リフォームを機に、カーテンなどのファブリックや家具などを一新する方も多いので、新調を考えている方は、こちらの予算も。

リフォームは家の状態とタイミングが大切!

劣化が進むと、費用も高くなってしまう可能性もあるので、気になる部分は、制度やリフォームローンなどを利用しながら、早めに改善してしまいましょう!まずは、ローンとリフォーム会社の比較から!

公開日:2014/11/11

2017.05.26UP 新着心理診断

この記事に関するキーワード

【特集】女子力アップコラム♪

  • 梅雨ケアを怠ると10歳老ける!梅雨明けに「あの人、キレイ!」と言われるための7つの法則

  • 「梅雨だる」の原因と対策は?梅雨の体調不良に効く5つの方法!

  • 「日焼けは5秒で始まる」の恐怖!!「うっかり日焼け」をなかったことにする5ステップ!

  • 雨の日が楽しみになる♪ひとりでもデートでも使える5つのアイディア

【特集】モテる大人女子になろう!

  • “酢しょうが”で春美人!体のなかからダイエット&若返り!!

  • 「1日プチ断食」で、つるつる美肌とすっきりボディを手に入れよう!

  • 婚活女子必見!後悔しないために、結婚前に確認すべき10か条

  • 初デートでボディタッチはあり?男性からのボディタッチは「脈あり」の証拠かも!!

女性のホンネ募集

最新記事