KURABERU-ASP
モコモコTOP >  ライフプラン > 【Family】家族 >  年収300万円でも買える?戸建ての家を建てるには?

年収300万円でも買える?戸建ての家を建てるには?

憧れの一軒家マイホーム!条件は別として、実はマンション購入とさほど金額は変わりません。手軽さからか、最近はマンションの人も多いけれど、やっぱり戸建てで、子ども達やペットとのんびり家族で暮らしたい!そんな理想を叶えるべく貯金をしつつも、実際どんな資金が必要になるのか、難しくて分からない!という声も多いですよね!

条件によって、家の購入方法が変わってくる!?

持ち家は一つのステータス。けれども、一口に家を買うと言っても、土地は借りて家を建てるのか新築や中古物件を買うのか、土地から買って家を建てるのかなど様々な条件で資金は変わってきます。購入時にまとめて支払う現金を「住宅購入資金」といい、おおよそ購入価格の25~30%に当たるといわれています。

つまり、住宅ローンを使っても、3,000万円の家だったら1,000万円近くの支払いがまとめて必要という事。さらに厄介なのは税金。例えば、3,000万円(税抜)で8%の税を考えると、税金だけで240万円!そして、家の購入費が分かりにくいと感じるのは、土地と家自体の両方の買い物のため、入り混じってややこしくなるからです。

また、土地や建物の規模など、人によって費用が全く違ってくるのも、ややこしい原因。今回は好きな街に土地から買って家を建てるには、どんなことが必要か見てみましょう。

◆土地の購入

不動産屋などから自分で探すことももちろんできますが、先に家を建てる会社を決めると、その会社が土地を紹介してくれる場合もあります。

●土地の契約手付金(契約印紙代込み)と土地代
2戸建ての家を建てる一番最初に払うのが、この手付金(契約金)。大体土地の価格の10%だと言われています。土地の売主でなければ、大抵、不動産屋に土地紹介の仲介手数料を払います。その半分程度と、契約印紙代(売買契約書に収入印紙を貼って納める税金)代が含まれています。

契約印紙は、物件によって金額が変わりますが土地物件が1,000万~5,000万円以内であれば2万円程度です。その後期日までに、残りの土地の代金を直接か住宅ローンで払います。分割なのか一括なのかは、不動産屋によっても異なります。

●不動産登記費用
これは、土地の所有者が変わったことを表す移転登記という書類です。その「登録免許税」と代行してやってもらう「司法書士の報酬」の二つの費用が不動産登記費用です。土地の所有権移転登記と建物の所有権保存登記、建物の表示登記とが必要となり、15~20万円前後の登録免許税を支払います。

登記手続きは司法書士に代行してもらうのが一般的です。なので、10万円前後の報酬も併せて支払うことになります。家の建物にも必要になるので、合わせて相談してみましょう。(登記簿上の面積が50㎡未満の物件は、登記免許税の軽減措置が受けられず、登記費用が高くなります)

●ローンの借入
ローン借入費用の内訳は、1.手続きに必要な費用 2.保証料 3.保険料の主に3つに分けられます。最近は、公庫融資やフラット35など、保証料を不要とする住宅ローンも増えているようです。保証料の金額は、借入金額と返済期間をもとに計算されるので、借入額が少なく、返済期間が短いほど安くなります。住宅ローンの利子は2種類あり、その時点の経済の利子額のままの固定型と、経済状況によって変わる変動型から選びます。

◆家(建物)を建てる

3戸建ての家を建てる当然のことながら、家の値段は大きさや形などの規模、素材の種類でも変わってきます。大きな家ほど、後々メンテナンスも広く必要。末永く付き合うことになる業者ですし、業者によって補償内容が異なるので、金額にどこまで含まれているのか見比べることは必至!

土地を探すのと並行してどの会社で家を建てるかも見ておくとスムーズ。契約時は、見積もりの金額と実際の契約書の金額が、把握している金額と違っていないよう確認は絶対しましょう!

●建築工事費用
工事費用は、数回に分けて支払うことが多いようです。

◆工事契約の契約金(着手金)
全体の大体10%目安。

◆地盤調査
地震の多い日本では、大切な地盤調査。費用は5万~10万円程度。敷地の計測や法的な制限の確認、地中の中で、どれくらいの位置なら建物を安定して建てられるかなどを確認します。この調査結果によって工事費が100万円ガラッと変わることも!

◆着工金・上棟金(中間金)・引渡し前
それぞれ全体の大体30%ずつの支払いが目安
建築に加えて、水道引込み代、下水道負担金、公直工事金やガス引込み代など、様々な料金。建築時に妨げとなるような場合は、電柱移設費、歩道の切り下げ工事費用、などの費用がかかる場合もあります。さらに地鎮祭・上棟式は別途かかる場合も。

※地鎮祭(じちんさい) 費用目安¥15,000~¥50,000
建物を建てる工事をする前に、土地の氏神様に、工事の報告や無事と安全、建物や家が繁栄
するよう祈る儀式です。大工さんにとっても安全を祈るための大事な儀式なので、上棟式は省いても、地鎮祭はするという方も。

※上棟式(じょうとうしき) 費用目安¥20,000〜¥150,000
躯体の骨組みができ、棟上げという過程までの工事が無事に終了したことに感謝し、建物の守護神と匠の神様に、無事に建物が完成することを祈願する、平安時代からある儀式。この日は、大工さんにお茶菓子やお弁当を配る習慣も。

●契約印紙や登記費用
土地とは別に住宅ローンを組む場合は、もう一部契約印紙(大抵2万円程度)が必要になります。 また、建物の所有者を表す不動産登記も土地とは別に必要です。

●住宅ローン
pen工事の本契約をしたら申込みをします。実際のローンに加えてローン保証料が必要。フラット35など工事終了後に一括で支払われるものと、支払時期が何回かに分かれているローンがあるので、支払時期を確認してから契約を!支払時期が異なる場合は、それまでのつなぎ融資をするか、工事会社に相談してみましょう。

●保険
火災保険、地震保険、家財保険など。

●不動産取得税
この税金は、建物や土地を自分の所有物にしたり、家を建てたりすると発生する税金。都道府県から早くて6ヶ月後、遅くとも1年半後に通知されます。税率は大体3~4%。条件によって軽減される場合もあるようですが、条件や手続き方法は各地域によって違うので、自治体の担当者や不動産屋に確認してみて下さい。

【これだけは注意ポイント!】
・親の土地に家を建てたい!
親名義の土地をもらって家を建てると、贈与税が別途かかってきます。最初は土地を借りて、後で相続するのとでは税金の金額に大幅な違いが!

・年度切替する前に入居したい!
どんな家にしたいのか、間取りのイメージやモデルルームの見学期間でも変わってきます。業者にもよりますが、ローンか現金払いかでもタイミングは変わってくるようですが、大体入居希望日より3~6ヶ月前には着工会社を決めたい所。

◆建てた家に住む

●引っ越し費用
ファミリーパック(3名以上)は、同市内でも5万円~(平均約8万円)。業者や移動距離、荷物の量で変わるので幅がありますが、5万~15万円近くは考えておきましょう。足りない段ボールは追加料金になるので、近くのスーパーや食品店から分けてもらって解決!これを機にいらない物は捨てるなど、荷物を整理しておくと余分にかからず済むし、後々楽!ご近所の引越しの挨拶の準備もしておきましょう。

●家具や電化製品の準備
6戸建ての家を建てる平均費用は26万円。内訳はカーテンやエアコン、照明、大きめテレビです。以前から使っていたものに加え、サイズや雰囲気が合にあわない物や、足りない物は買い足す必要があります。カーテンや照明は最初にチェックしておきましょう!新しく買ったものの場合は、店舗の業者が運んでくれますが、配送料がかかるので注意!

●住宅ローンの返済
持ち家なので家賃はかかりません。その代わり、一括でない限り住宅ローンの返済が毎月、起こります。実質、家賃のような感覚ですね。

●住まいの維持・管理費等
マイホームに入居したあとも、住宅ローンの返済だけでなく、住まいを維持・管理するためにメンテナンス費用がかかります。マンションの場合は管理費になりますが、戸建ての場合は、雨漏り防水や外壁の塗装、内壁など。防水は5~10年単位で定期的にメンテナンスが必要な場合も。大切な家を長く大事に住むには必要といえども、足場を組む大きな作業の場合は、それだけで数百万円の費用がかかります。ご近所で工事中のあの家、実は結構かけています。

●税金
家や土地は財産なので、マンション、一戸建てを問わず固定資産税、場合によっては都市計画税、団体信用生命保険料(公庫融資の団体信用生命保険に入る場合)などを、必要に応じて払う必要があります。固定資産税については、納期は原則として4月、7月、12月、2月、標準税率は1.4%ですが市町村によっても変わります。

年収と家の購入価格の目安

例えば車と同じように、一度買ったら終わりでないのが家の購入。購入価格の目安は、年収×5倍と言われています。年収300万円だとしたら1500万円くらいの家が目安ということです。
7戸建ての家を建てる家が持てるかは、住宅ローンも審査がありますし、収入の安定性やどんな家が良いかによっても異なります。場合によってはマンションの方が有利なことも。毎日を過ごす家はとっても大事!でも、無理な金額を借りて買っても、家族のライフスタイルを壊してしまうだけ。どんな生活をしたいのかを考えながら予算を決めて、家づくりはじっくり決めて行きましょう!

公開日:2014/11/11

2017.05.26UP 新着心理診断

この記事に関するキーワード

【特集】女子力アップコラム♪

  • 梅雨ケアを怠ると10歳老ける!梅雨明けに「あの人、キレイ!」と言われるための7つの法則

  • 「梅雨だる」の原因と対策は?梅雨の体調不良に効く5つの方法!

  • 「日焼けは5秒で始まる」の恐怖!!「うっかり日焼け」をなかったことにする5ステップ!

  • 雨の日が楽しみになる♪ひとりでもデートでも使える5つのアイディア

【特集】モテる大人女子になろう!

  • “酢しょうが”で春美人!体のなかからダイエット&若返り!!

  • 「1日プチ断食」で、つるつる美肌とすっきりボディを手に入れよう!

  • 婚活女子必見!後悔しないために、結婚前に確認すべき10か条

  • 初デートでボディタッチはあり?男性からのボディタッチは「脈あり」の証拠かも!!

女性のホンネ募集

最新記事