KURABERU-ASP
モコモコTOP >  大人女子の生活知識 >  働く大人女子の本音は?生まれ変わって働くなら女性がいい?男性がいい?

働く大人女子の本音は?生まれ変わって働くなら女性がいい?男性がいい?

「生まれ変わるとしたら、女性がいい?それとも男性がいい?」

誰もが一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

では、ただ「生まれ変わる」のではなく、「生まれ変わって働く」としたら、どちらがいいですか?

いまの日本のビジネスシーンは、男性のほうが得をするのか、それとも女性のほうが働きやすいのか……

アンケート調査から、働く大人女子のホンネが見えてきましたよ。

work_r_main_n-min

調査結果から、働く女性の大変さが見えた!?

work_chousa-min

株式会社ワークポートが、転職希望者を対象に「次に生まれ変わって働くとしたら、男性として働きたいか、それとも女性として働きたいか」という質問をしました。

この質問のポイントは「働くとしたら」という点。転職希望者を対象にしているので、ほとんどが会社員だと考えていいでしょう。

まず、男女合わせた全体の回答を見ると、「男性がいい」と答えた人が61%、「女性がいい」と答えた人が34%、「どちらでもよい」が5%でした。

圧倒的に「男性」を選んだ人が多いという結果になりました。

男女別に見てみましょう。

【女性】

次も女性がいい:67%
次は男性がいい:27%

【男性】

次も男性がいい:84%
次は女性がいい:12%

この結果から、働く女性の4分の1以上が「次は男性になって働きたい」と思っていることが明らかになりました。

その理由を聞いてみたところ、

「男女平等とはいえ、まだまだ男性のほうが出世しやすいと感じている」
「出産と育児の壁があり、長く勤めるのが難しい」

といった意見が多かったようです。

男性優位の職場環境が、垣間見える結果となりました。

女性だからこそできる仕事がある!!

work_rady-min

ただし、割合からいうと「次も女性になって働きたい」と答えている大人女子のほうが断然多いのです。

その理由はなんでしょう。

「仕事と家庭を両立できる女性に憧れるから」
「女性ならではの職業があり、やってみたいから」
「気遣いが細部まででき、職場の雰囲気を変えられるから」

女性だからこそできることをあげた人が目立ったようです。

女性を取り巻く環境が大きく変化!

work_env-min

実は、“働くこと”に限定せず「次に生まれ変わるとしたら、女性と男性のどちらがいい?」という質問は、1958年から統計数理研究所が「日本人の国民性調査」において時系列で調査しています。

いまから58年前の1958年の女性の回答では、「男性になりたい」が64%、「女性になりたい」が27%と、圧倒的に「男性になりたい」女性が多かったのです。

それが、1968年を境に逆転。2008年には「男性になりたい」が23%と大きく減少した一方、「次も女性がいい」と答えたのは71%という結果になりました。

時代とともに、女性を取り巻く環境が変わっていったのが、この調査からもうかがえますね。

さて、あなたは次に生まれ変わるとしたら、また女性がいいですか?それとも男性になってみたいですか?

公開日:2016/03/03

2017.05.12UP 新着心理診断

この記事に関するキーワード

【特集】女子力アップコラム♪

  • 梅雨ケアを怠ると10歳老ける!梅雨明けに「あの人、キレイ!」と言われるための7つの法則

  • 「梅雨だる」の原因と対策は?梅雨の体調不良に効く5つの方法!

  • 「日焼けは5秒で始まる」の恐怖!!「うっかり日焼け」をなかったことにする5ステップ!

  • 雨の日が楽しみになる♪ひとりでもデートでも使える5つのアイディア

【特集】モテる大人女子になろう!

  • “酢しょうが”で春美人!体のなかからダイエット&若返り!!

  • 「1日プチ断食」で、つるつる美肌とすっきりボディを手に入れよう!

  • 婚活女子必見!後悔しないために、結婚前に確認すべき10か条

  • 初デートでボディタッチはあり?男性からのボディタッチは「脈あり」の証拠かも!!

女性のホンネ募集

最新記事