KURABERU-ASP
モコモコTOP >  大人女子の生活知識 >  夏本番!食中毒注意報、発令中!!3原則で、食中毒を撃退!

夏本番!食中毒注意報、発令中!!3原則で、食中毒を撃退!

夏に気をつけたいのが食中毒。毎年、たくさんの人が苦しんでいます。
食中毒は、細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内に侵入することによって起こります。厚生労働省は、食中毒予防の3原則として、細菌やウイルスを食べ物に「つけない」食べ物に付着した細菌やウイルスを「増やさない」食べ物や調理器具に付着した細菌やウイルスを「やっつける」ことをあげています。
この「つけない」「増やさない」「やっつける」の3つが、食中毒予防の基本です。

main_hefe

「原則1:つけない」=洗う

virus_tearai食中毒を防ぐために大切なのは、手を洗うこと。手にはさまざまな菌がついているため、こまめな手洗いを心がけて!料理をする前はもちろん、生の肉や魚をさわるとき、食卓につく前などにも必ず手を洗うようにしましょう。

「原則2:増やさない」=低温保存

ほとんどの細菌は、10度以下になると増殖のスピードが落ち、マイナス15度以下になると増殖がストップします。食べ物に付着した細菌を増やさないためには、低温保存が鉄則。肉や魚といった生鮮食品を買ってきたときは、少しでも早く冷蔵庫に入れること。

ただし、冷蔵庫に入れても細菌はゆっくりと増殖しています。油断せずに、夏場は早めに食べるようにしましょう

「原則3:やっつける」=加熱処理

097663細菌の多くは、加熱によって死滅します。肉や魚はもちろん、野菜も加熱して食べたほうが安全。肉は、中心部を75度で1分以上加熱するのが目安とされています。

また、食べ物だけでなく、まな板や包丁などの調理器具にも注意が必要。洗剤でよく洗ってから、熱湯や漂白剤で殺菌しましょう。特に、肉や魚を扱ったあとは念入りに!

料理の順番に気をつけよう

意外と多いのが、まな板や包丁が原因の食中毒。生の肉や魚についていた細菌が、生野菜に付着することで起こります。肉や魚は加熱するため細菌は死にますが、生で食べるサラダだと細菌はそのまま体内に侵入しています。

まな板は、肉・魚用と、野菜用(生食用)を使い分けるのが安全。ひとつのまな板を使う場合は、まず生で食べる野菜などを調理してから、肉や魚を切るようにしましょう。

同じことが箸にもいえます。生の肉や魚にふれた箸で、生野菜などさわらないようにしましょう

バーベキューに潜む食中毒の危険性!

bbq_couple夏のバーベキューは最高ですね!でも、炎天下での調理や飲食は食中毒の危険性が高くなります。
生の肉や魚には細菌が付着している可能性があります。肉や魚を切ったまな板や包丁は、しっかり殺菌・消毒してから野菜などを切るようにしましょう。

また、トングや箸の使いまわしは厳禁!「肉・魚用トング」「野菜用箸」「食べるための箸」というように決めておくと安全です。バーベキューの基本は、よく焼くこと。しっかり火を通してから食べましょう。

また、バーベキューといえばおにぎりが付き物ですが、素手で握るのは避けたいもの。黄色ブドウ球菌が付着する可能性があるので、ラップなどを使って直接さらわずに握るのがおすすめです。

夏場のお弁当には細心の注意が必要

夏場のお弁当には危険がいっぱい。まず、お弁当箱はパッキンなどのパーツをすべて取り外し、しっかり洗うこと。水分が残っていると細菌が増殖するので、洗ったあとは自然乾燥させるか、清潔なふきんかキッチンペーパーでよく拭きましょうhoreizai

【お弁当作りのポイント】

・詰めるときに、お弁当箱を酢でひと拭きすると効果的

・肉料理や玉子料理、冷凍食品は中心までしっかり火を通す

・電子レンジで加熱するときは、加熱ムラができないように注意

・細菌を抑える効果のある酢、梅干し、わさび、カレー粉などを活用

・炊き込みごはんやチャーハンは痛みやすいので避ける

・よく冷ましてからふたをする

・凍らせたひと口ゼリーやドリンクを保冷剤の代わりに活用

 

加熱しても死なない菌もいる!

baikin_genki加熱したからといって油断は禁物。細菌のなかには、加熱しても死なない種類がいます。その代表が、セレウス菌ウエルシュ菌

セレウス菌は、米やパスタに多くみられます。調理後は常温保存せず、冷蔵保存することが大切です。
ウエルシュ菌は、カレーやシチュー、スープなど大量調理する料理に多くみられます。前日調理と常温放置は避けましょう。

「食中毒かな?」と思ったら

virus_syokuchudoku食中毒の一般的な症状は、腹痛、下痢、嘔吐ですが、発熱や倦怠感など風邪に似た症状や、麻痺などの神経症状が起こることもあります。重い場合は、命にかかわることがあるので、できるだけ早く病院に行きましょう

下痢や嘔吐があるときは、脱水症状にならないよう水分を十分摂ること。また、下痢止めなどの市販薬を飲むと悪化することがあるので、自己判断は禁物です。
特に、乳幼児や高齢者の方、妊娠中の方は十分に注意しましょう

公開日:2015/07/24

2017.05.26UP 新着心理診断

この記事に関するキーワード

【特集】女子力アップコラム♪

  • 梅雨ケアを怠ると10歳老ける!梅雨明けに「あの人、キレイ!」と言われるための7つの法則

  • 「梅雨だる」の原因と対策は?梅雨の体調不良に効く5つの方法!

  • 「日焼けは5秒で始まる」の恐怖!!「うっかり日焼け」をなかったことにする5ステップ!

  • 雨の日が楽しみになる♪ひとりでもデートでも使える5つのアイディア

【特集】モテる大人女子になろう!

  • “酢しょうが”で春美人!体のなかからダイエット&若返り!!

  • 「1日プチ断食」で、つるつる美肌とすっきりボディを手に入れよう!

  • 婚活女子必見!後悔しないために、結婚前に確認すべき10か条

  • 初デートでボディタッチはあり?男性からのボディタッチは「脈あり」の証拠かも!!

女性のホンネ募集

最新記事