KURABERU-ASP
モコモコTOP >  大人女子の生活知識 >  【危険!】12月のストレスに潜む怖~い病気!簡単にストレス解消できる意外な方法とは!?

【危険!】12月のストレスに潜む怖~い病気!簡単にストレス解消できる意外な方法とは!?

2016年も、いよいよ1ヵ月を切りました!

12月は1年でもっとも忙しいとき。
「あー!ストレスが溜まる!」と、つい口にしてしまうことはありませんか?

そのストレス、放っておくと大きな病気につながる可能性があるんですよ。
忙しい12月こそ、早めにストレス対策しましょう!

stress-min

ストレスは万病のもと

stress01-min

「最近、お腹の調子が悪い」「風邪がなかなか治らない」など、体調不良に悩まされてはいませんか?

もしかしたらその不調、ストレスが原因かもしれません
「ストレスは万病のもと」といわれ、私たちが思っている以上に体にダメージを与えます。

<ストレスと体の関係>

脳がストレスを感じる

ストレスホルモン(=コルチゾールなど)を分泌

交感神経が活発になり、体が緊張・興奮状態になる

その結果、以下のような状態に!
・心拍数や血圧が上昇
・呼吸が早くなる
・胃腸の働きが弱る
・免疫機能が低下する
・血液がドロドロになる

風邪~ストレスが免疫力を低下させる!

stress02-min

いつまでたっても治らない風邪は、ストレスが原因とも考えられます

ストレスホルモンのコルチゾールは、体の免疫力を低下させるので、風邪をひきやすくなったり、治りにくかったり、また悪化させたりしてしまいます。

特に気温が低く、空気が乾燥しているこの季節は、風邪をひきやすいとき。何かと忙しい師走、風邪で寝込まないためには、早めのストレス対策が必要ですよ。

うつ病~忙しい大人女子は気をつけて!

ストレスからつながる病気として知られているのが、うつ病です。
うつ病は、男性よりも女性に多い病気。さらに、冬になると気分が落ち込む人が急に増えます

<うつ病の症状>

・気分の落ち込みや不安
・やる気が出ない
・眠れない
・急に涙が出る
・食欲がない、または過食
・頭痛、微熱、肩こり

過度のストレスを感じると、ストレスホルモンの影響で、体は常に緊張・興奮状態になります。

それが続くと、心身ともに疲れ果てて、うつ病へとつながってしまいます。

過敏性腸症候群~腸はストレスを受けやすい!

stress03-min

20~30代に多いといわれるのが、過敏性腸症候群。ストレスが大きくかかわっているといわれています。

<過敏性腸症候群の症状>

・お腹の痛みや不快感
・下痢や便秘(男性は下痢、女性は便秘が多い)

腸は「第2の脳」といわれるほど大事な器官。脳と同じようにストレスを感じやすいのです

緊張したとき、お腹が痛くなった経験はありませんか?過敏性腸症候群は、それが慢性化した状態。

「またトイレに行きたくなるのでは?」「トイレに間に合わなかったらどうしよう」といった不安がさらなるストレスになり、悪循環を招きます。

メニエール病~いきなり発症する可能性も!

30~40代女性の発症が多いのがメニエール病。なんの前ぶれもなく、突然なることがほとんどです。

<メニエール病の症状>

・激しい回転性のめまい
・耳鳴り
・嘔吐や吐き気
・冷や汗、動悸、頭痛
・難聴

メニエール病は、内耳のなかにある内リンパ液が増えすぎる「内リンパ水腫」が原因です。
そこには、ストレスや睡眠不足が大きく影響しているといわれています。

片頭痛~ストレス頭痛はセロトニン不足が原因!

日本人に多い片頭痛。1000万人ほどの人が悩まされているともいわれています。特に、20~40代女性に多いようです。

<片頭痛の症状>

・頭の片側が脈に合わせてズキンズキン痛む
・4~72時間ほど続く
・目の前に光が現れるなどの前兆も
・光過敏、音過敏になるときも
・嘔吐や吐き気

つらい片頭痛の原因は、血管が過度に膨張するため。

ストレスホルモンが分泌されると、脳内のセロトニンという物質が減少します。セロトニンが不足すると自律神経が乱れるため、脳の血管が暴走して頭痛を引き起こします。

特に女性は、男性よりもセロトニンが少ないので、ストレスから頭痛になりやすいのです。

師走のストレスは、一刻も早い対処が必要!!

stress04-min

12月は忙しさに追われて、ストレスを放置してしまいがち。
気がつくと、ストレスマックスで、心身ともに危険な状態になっている可能性も!

忙しい12月だからこそ、早めのストレス解消が必要です。

【6分でストレス解消!】6分の読書でストレスが68%も減る!

stress05-min

イギリスのサセックス大学による実験で、わずか6分の読書で、ストレスが68%も減ることが明らかになりました。

読書は、散歩や音楽鑑賞よりもすごいストレス解消力があるのです!たった6分でストレスを激減できるのですから、さっそく試したいですね。

読書のときは、以下の点に注意してくださいね。

・集中できる場所で読む(自室やカフェ、電車のなかなど)
・興味のあるジャンルを選ぶ
・むずかしい本は避ける

【食べるだけでストレス解消!】カレーがストレスを減らす!?

stress06-min

嘘みたいなお話ですが、カレーのにおいをかぎ、食べることで、ストレスが軽減されることが明らかになっています。

これは、カレーのスパイスに使われるターメリックの成分・クルクミンの働きによるもの。

クルクミンには、ストレスにつながる嫌な思い出を消す効果があるのです。また、血流を良くし、活性酸素を取り除く働きもあります。

師走のストレスは、「読書」と「カレー」ですっきり解消しましょうね♪

◆次に読みたいおすすめコラム◆

・【心理診断】あなたのストレスの原因は何?健康面が気になる人は…ココをチェック!

・ストレスを撃退!!会社でも食べられる「太らなくてキレイになれるおやつ」はこの3つ!

・大人女子はストレスも味方に!美人から学ぶ「冬のストレス」対処法!

公開日:2016/12/14

2017.05.26UP 新着心理診断

この記事に関するキーワード

【特集】女子力アップコラム♪

  • 梅雨ケアを怠ると10歳老ける!梅雨明けに「あの人、キレイ!」と言われるための7つの法則

  • 「梅雨だる」の原因と対策は?梅雨の体調不良に効く5つの方法!

  • 「日焼けは5秒で始まる」の恐怖!!「うっかり日焼け」をなかったことにする5ステップ!

  • 雨の日が楽しみになる♪ひとりでもデートでも使える5つのアイディア

【特集】モテる大人女子になろう!

  • “酢しょうが”で春美人!体のなかからダイエット&若返り!!

  • 「1日プチ断食」で、つるつる美肌とすっきりボディを手に入れよう!

  • 婚活女子必見!後悔しないために、結婚前に確認すべき10か条

  • 初デートでボディタッチはあり?男性からのボディタッチは「脈あり」の証拠かも!!

女性のホンネ募集

最新記事